Person社員紹介

経理のスペシャリストを
目指す

経理センター菊池 晃央

北電パートナーサービスを志望した動機は?

北陸電力グループ内のさまざまな業種の会社や経理担当の方と関わることができ、税理士資格を生かしてグループ全体の成長に直接貢献できると考え志望しました。

資格取得で得た専門的な知識を北陸のインフラを支える北陸電力グループで生かすことで、地元北陸の発展の一端を担いたいと思っています。

あなたの仕事内容を教えてください。

経理センターでは、北陸電力グループ内の関係会社の経理業務を集中的に処理しています。
私は関係会社19社のうち2社の経理業務を担当しています。
具体的には、会社経費支払いの出金処理などの銀行対応や、各社の経理担当者が起票した会計伝票の審査、月次・四半期・年度決算における税額計算や、決算に付随する財務諸表、分析資料などの作成があります。
また法人税や事業税など各種税目の申告書作成を補助しています。

ある日の業務内容

AM
支払いなどの出納処理
各社からの伝票審査
A社の決算資料の作成
PM
B社からの会計処理の相談対応
引き続きA社の決算資料の作成
翌日以降の出納処理の準備

仕事のやりがい、あなたが大切にしていることは?

毎月の伝票の締め日、3カ月ごとの四半期決算、そして年度決算と、さまざまな書類の締め切り日や提出期限などが、毎日の業務の中で次々やって来ます。
関係会社の担当者と協力して、定められた納期までに滞りなく業務を完遂することにやりがいを感じます。その際、ともに業務を進めてきた担当者の方から感謝の言葉をいただくとうれしいですね。
仕事をする上で大切にしているのは、関係会社や上長への報告を丁寧に行うことや、法令を遵守した対応です。 また専門的な業務を担っているので、自己研鑽を怠らないようにしています。

これからの目標は?

税理士資格があることで、より高いレベルの仕事が期待されていると感じています。期待に応えられるよう、常に新たな知識の習得に努めて“知識の穴”を埋め、会計・税務のスペシャリストになることが目標です。

今後は後輩の指導などを通じて経理センター全体のレベルアップを目指し、当センターを引っ張っていける存在になりたいと考えています。
そのためにも関係会社やセンターのスタッフの皆さんの信頼を得られるよう努力を惜しまないつもりです。